研修会・学会

2013年5月31日 (金)

5月の活動

5月の活動
7日 3歳児健診   あま市甚目寺保健センター
   あま市歯科医師連絡協議会  海部地区急病診療所
8日 海部歯科医師会次期役員会  F寿司
9日 甚目寺南小学校歯科検診
11日 T.S.G.月例会    U歯科
12日 鈴木メソード國分クラス発表会  稲沢市民会館
14日 はせがわ歯科医院新ウェブサイト用写真撮影
     障害認定審査委員会   アートビレッジ
15日 総合医療開発研究会    湯元館
    あま市歯科医師連絡協議会  湯元館
16日 甚目寺西小学校歯科検診
22日 あま市歯科医師連絡協議会  Kや
23日 甚目寺西小学校歯科検診
25日 大里西地区体育振興会総会  大里西市民センター
    海部地区総合防災訓練打合会  F寿司
26日 前期歯の健康センター    大治町保健センター健康館すこやかおおはる
    お金とビジネスの引き寄せの法則セミナーin名古屋 安保ホール
27日 1年生親子歯磨き教室   甚目寺西小学校
29日 海部歯科医師会役員会   F寿司
30日 患者と医療者の良い関係議論の場  新宿区立柏木地域センター 
 

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

日本一般臨床医矯正研究会理事会・総会

午後7時より、品川プリンスホテル にて日本一般臨床医矯正研究会理事会が開催されました。
懇親会も含めて「味街道五十三次」にて。
A常任理事の司会にて、挨拶をO会長。
常任理事会報告、総務、広報、学術、認定委員会。決算報告監査報告。
25年度事業計画案、予算案について。
特に今回は、JOSG日本一般臨床医矯正研究会の認定医制度発足について。
各務先生から、矯正専門医のような厳格なものではないが、各務理論を正確に広げていくために設置した…というようなことでした(私の解釈)。
移行期間を設けて一定レベルの会員をとりあえず認定医にしたいとのこと。
懇親会乾杯の音頭はK元日本歯科大名誉教授。理事紹介は各務先生。
前年度から理事を承りましたが、今回初めて参加しました。
知る先生がいないと懇親会はつまらないかな…とも思いましたが、会長や副会長先生、同じ愛知県の先生、同姓・同窓の先生などおられて概ね楽しくコミュニケーションをとることが出来ました。
一泊し翌日は総会と講演会。
但し、各務先生の講演のみ拝聴し早退。
講演の概略。
混合歯列期から関われば非抜歯矯正は可能だが、絶対と言うことでは無い。下顎は非抜歯上顎は抜歯しても良い。なぜなら舌の部屋が小さくはならないから。
全身咬合学会などで抜歯は全身との関わりで良くないという意見が多かったが、舌の部屋理論で抜歯がすべて良くないという意見は無くなってきたとのこと。
ポールスプリントをきちんと使用することで不定愁訴の7割くらいが改善すること、
セファロ分析は下顎のシフト分が考慮されていないこと、6番の1級より3番の1級を目指すことなど。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

市町村障碍者認定審査委員研修会

130417shougainintei1

今日は臨時に休診にしました。半日潰れるので木曜日に一日診療します。

午後より愛知県社会福祉会館3階 多目的会議室にて新任市町村障碍者認定審査委員向けの研修会が開催された(障害を敢えて障碍と書き換えています)。

愛知県健康福祉部障碍福祉課井上氏より概要について

市町村審査会委員マニュアルについてを 医療法人豊和会精神福祉士成瀬氏より。

 今回から身体、精神、知的障碍に加えて難病指定の患者さんも加わることになったとのこと。

 介護認定と違い、障碍者の状態は複雑なので一次判定だけで確定することは難しく、二次で変更することは非常に多い。

 いきなりだとなかなか分からなかったと思うが、介護認定6年の経験があるので、書類の見方流れは今日の説明で割とよく理解できた。

最後に審査会における検討事例ということで、刈谷市福祉健康部障碍福祉課の方から、実例を交えての説明は役に立った。2段階上げることも珍しくは無いようである。

 夜は、

 湯元館にて第396回総合医療開発研究会。歯科医師60名、歯科衛生士1歯科技工士1県会議員1市会議員1の参加。

 周術期の口腔管理について、

 名古屋第一赤十字病院歯科口腔外科部長大岩先生から、病院での取り組みの実際と、困難な面などについて。

 愛知県歯科医師会医保部長大平先生から医療保険の請求の要点について。

 なかなかややこしい…が質問も複数戴いた。

 終了後にも私も大岩先生に感染源除去の程度について少し質問させていただいた。

 講師の先生方ありがとうございました。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

3月の活動

3月の活動
7日 医療保険地区担当者連絡協議会  愛知県歯科医師会館
9日 あま市歯科医師連絡協議会    海部地区急病診療所
13日 総合医療開発研究会及び
    あま市歯科医師連絡協議会   湯元館
15日 海部歯科医師会理事会     富貴寿司
16日 中之庄町御出島自治会
18日 あま市介護保険地域密着型サービス運営委員会  あま市役所甚目寺庁舎
20日 引き寄せの法則セミナー    BIZ新宿
23日 T.S.G.例会       U歯科クリニック
24日 引き寄せの法則セミナー    ウイルあいち
27日 平成24年度海部歯科医師会   湯元館
30日 あま市歯科医師連絡協議会    海部地区急病診療所
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月28日 (木)

2月の活動

2月の活動
6日 海部歯科医師会例会          湯元館
10日 休日診療当番            海部地区急病診療所
11日 引き寄せの法則セミナー       I.M.Yホール
13日 あま市歯科医師連絡協議会     海部地区急病診療所
14日 妊婦歯科検診・講話        あま市甚目寺保健センター
17日 愛知県歯科医学大会・中部日本デンタルショー  愛知県中小企業振興会館
20日 第394回総合医療開発研究会      湯元館
21日 伊東聖鎬若返り療法セミナー      ラ・トゥール新宿
23日 T.S.G例会           U歯科クリニック
26日 あま市虐待防止ネットワーク協議会  あま市甚目寺総合福祉会館
28日 酒井矯正歯科40周年記念講演会   名古屋観光ホテル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S歯科40周年記念講演会

S歯科40周年記念講演会
何人か紹介したことがある縁で案内を頂いたので、講演会は賑やか強い方がいいだろうと考え、出席致しました。
ただ、特別親しいとは言えないし知らない先生ばかりでは…と思い、懇親会は出ず講演のみ拝聴しました。
最初に医科歯科大学名誉教授黒田先生の講演。日本の矯正の黎明期から著名な先生と交流があったことなども踏まえて、一番なるほどと思ったのは、矯正は統計の平均値ではだめ、一人一人がエビデンスである…と言われたことであった。
S先生は愛知県で3番目に矯正専門で開業したとのこと。その頃実は後に私の家内となる中学生も受診していた…。
最近はスプリントを利用して顎位を求めて矯正することに重点が置かれているようだ。
以前スプリントのセミナーの案内を頂いたこともあったがたまたま都合が合わなかったが、是非また伺いたいところである。
CTを使用し、歯列不正では顎関節も形態異常が見られ、スプリントしてから矯正をすることにより顎関節の形態も正常に戻るまたはそのような方向に向かうことが示唆されていた。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

第394回総合医療開発研究会

第394回総合医療開発研究会  
於 蟹江・湯元館 午後7時半~
代表 W 先生
座長 弥富F.S.先生
最初に 昭和薬品化工 カロナール、フロリードゲル口腔用20グラムについて
抗真菌薬フロリードゲルは、ほとんど口腔に使われていてしかも歯科でなく内科など医科から処方されているとのこと。カンジダは義歯関連が多いので歯科でもっと処方した方がよいとのこと。
確かに。また、これは塗り薬に見えるが内服薬であるとのこと。なるほど。
発表の前の伝達では、
偏頭痛、喉頭神経痛、眼瞼痙攣は帯状疱疹ウィルスによるものがあるらしい、とのこと。
メタボリックシンドローム、SASに防風通聖散。
抑肝散による睡眠障害の改善
あま市平成25年度歯と口腔の健康づくりに向けた要望書

研究会は、愛知県歯科医師会学術部長 M田先生による「自家歯牙移植の可能性について」
かなり多くの症例、普通は躊躇するような症例も多く、患者さんの利益になっていることが示唆された。
座長から
今は抜歯窩に再植することはあるが歯が無い顎堤には行わないことになっている、とか、何か今時のエビデンスではないことの批評が多かったが、十数年前の良好な結果が出ていることに私は感銘を受けた。
私は多分10本も行ったことはないので…でも10年超の例もあるが。

よくエビデンスエビデンスと言われるが、どんなにエビデンスを翳しても患者さんの気持ちが向かないとしたら、満足にならない、ということは確かである。その点、費用対効果で優れる自家歯牙移植は一定の価値はあるだろう。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

第393回総合医療開発研究会

第393回総合医療開発研究会
於 今池ガスビル7階会議室
挨拶 代表渡辺剛 
   愛知県議会議員 A藤先生
演題 新しい認知症の話 国立長寿医療研究センター内科総合診療部長 遠藤英俊先生
80余名の方々の参加があった。
遠藤先生は、私は存じ上げなかったのだが、NHKなど結構テレビ番組にも出演されている人気のある先生である。
認知症は高齢者の14%400万人。予備軍は6%180万人。MCI軽度認知障害も合わせると700万人。
口腔ケアのデータは医科が作った。施設のデータで介護予防のデータではない。
歯科大は所謂先端医療に目が行って介護現場の研究が少ない。
今後、地域ケア会議、が持たれる。歯科医師が呼ばれるかが鍵である。
認知症の物忘れと加齢による物忘れとの違い
認知症は物事をすっぽり忘れている
加齢によるものは「あれ、なんだったっけ…」忘れていることを認識。
遠藤先生の書籍
認知症疾患治療ガイドライン2010、同コンパクト版2012
診断はMRIで隙間あるかどうか見る
発病前に知ることもできる。
行動の理由を探すと良いことも…
徘徊→探し物?
拒否→恐れ?
アルツハイマーに効く薬 アリセプト リバスタッチ
高齢者のイライラに抑肝散
生活習慣病にならないように運動するとアルツハイマーにもなりにくい。
赤ワイン、最低1000円以上のもの…毎日少量で予防効果も
中の良い人と良くしゃべると前頭葉に血流上がる
オレンジプランとは…
懇親会にて、今あま市で介護予防講座をしているが、座学用に資料は無いかと聞いてみたら、愛知県歯科医師会が持っているはずとのことだった。
何だ、
それならその資料で作ると良いのにと思った。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

トゥウェンティース・スタディー・グループ勉強会

121215tsg

前日15日(土)夜から日をまたいで、
月1回のトゥウェンティース・スタディー・グループ勉強会です。
症例報告、症例検討、医療保険など。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

第391回総合医療開発研究会

第391回総合医療開発研究会

医療連携に繋げる「口腔ケアのチーム医療」 M瀬先生
高齢者と感染症
誤嚥性肺炎による半夏厚朴湯咳反射改善メカニズム
喘息ゼロを目指す
厚労省歯科医師届け出書類
11/15 県歯女性交流会    H垣先生
第393回特別講座1/27今池ガスビル「認知症患者の歯科への提言」予告

毛髪ミネラル検報告   S瀧先生
大豆レシチン4か月の臨床報告 K藤先生
算定日情報で審査基準の差異は  Y中先生

------------------------
 
あま市歯科医師連絡協議会 
平成25年度あま市歯と口腔保健計画について

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧