経済・政治・国際

2012年8月31日 (金)

竹島、ラスク書簡、そして日韓通貨スワップ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AF%E6%9B%B8%E7%B0%A1

ラスク書簡の説明がある。
1951年、サンフランシスコ講和条約の前にアメリカの国務次官補ディーン・ラスクから通達された公文書。
それが出された背景は、
韓国が、自分たちも連合国だったことにしてくれ、日本と戦っていたことにしてくれ、竹島を放棄したことにしてくれ…と要望していたことに対し、韓国は連合国ではない、竹島は日本の領土であると回答したものである。
ラスク書簡の1ヶ月後サンフランシスコ講和条約は結ばれた。
翌年、李承晩が一方的に領海を線引きした。
当時どうしてすぐ対応しなかったのか、占領下であったからか…そのうち引き下がると思ったのか…

さて、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97
日韓通貨スワップ
以下引用
欧州情勢等グローバル経済が不安定な中、日韓両国は、金融市場の安定のため日韓における金融協力の強化の観点から行うものであり、これにより、金融市場の安定が図られるとされ、建前上は日韓両国経済が共に安定的に成長していくことを目的としている。しかし、実質は日本の韓国に対する経済支援の面が強い。

2011年10月19日の財務省の発表によると、限度額が総額130億ドルから総額700億ドルへと増額が決定された。 当時の為替レートでおよそ5兆5000億円。

詳しくニュースを網羅的に見ていないのでどこかでは説明されているのかもしれないが、少なくとも新聞でわかりやすい説明は見ていない。
しっかりした見出しで書けば、こんなにこけにされてしかも震災で厳しいのに、5兆円も出していると書けば国民は皆憤慨するに違いない。
何で大きく報道されていないのか…
不可思議である。

以上は
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=ZPALBKdWOAw&NR=1
で知った。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

誰もが書かなかった日本の戦争  田原総一朗

誰もが書かなかった日本の戦争  田原総一朗
発売されてほどなく購入しましたが、ようやく読み終えました。
最初に思想ありきでなくて、資料を基に綿密に書かれた内容である…と思います。
一般国民向けの喧伝の裏で、実はあまり大義なく成り行きで戦争が拡大してしまった…今の大勢の人の命の犠牲を伴う事柄すら、公共事業と同じ構図で進行していったように受け取れます。

最近ふと思うのは、国際連合が出来て戦前と今は違うのだ…という考えはまだ早いのではないかということです。まだまだ19~20世紀前半的発想で、軍備も持たないと通常の外交も出来ない…と考えたほうが自然ではないかということです。
田原氏も書かれているように二度と戦争はしてはならない…が、
人類皆が精神的進化をしない限り、軍隊が居る時代は続くのでしょう。そう書かれているのではなくて、この手の本をいろいろ読んでの私の考えです。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

中部電力株主総会

110608chudenkabunushisoukai

本日、28日(火)は東電、中電など電力会社の株主総会でした。
実は
私、中電の株主です。
私が株を持っているのは、祖母→母→私と譲渡されただけで、
株に関心があるわけではありません。

議決権は4つしかないので大したことはないのですが、
8日に総会の案内が来たときに、一瞬、出席しようか考えてしまいました。
平日に診療締めてまで行くことは出来ませんでしたが、
議決権を行使して郵送しましたので、届いているはずです。
会社提案は一つ、反対、
株主提案は、賛成反対分けました。
直ぐにでも原発廃止…などは、そうしたいのは山々であっても困難でしょうから、それは反対にして、自然エネルギーを目指すように定款に書き添えるなどの提案は賛成にしました。
会社側は株主提案は全部反対…
とは、いかか゛なものでしょうか?
原発って、
そんなに儲かるの?
株式会社は利益を追求するわけでしょう?
国に助けを求めなければならないほど膨大な負債を抱えることになった東電があるのに、未来には原発から徐々に脱する方向性までも反対というのは
どうかしている、としか言いようがない。
自動車会社だって、
脱ガソリンでしのぎを削っているのに、
電力会社は楽でいいねー…と内心思われてるのでは?

今回の原発事故は、
自然災害なのだから仕方がない…自分たちが悪いのではない…
という頭が、特に東電幹部にあるのでしょうね。
中電なんかは
脱原発なんて声は、犬の遠吠えくらいにしか聞こえていないかもしれない。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

理性的脱原発運動が本当の脱原発につながる

原子力の導入は、学者より産業界主体だったらしい。
当初 日本独自で開発していくつもりだったのに、アメリカの原発技術を輸入していくことになった言う。
敗戦の記憶もまだある中
とにかく最新の技術を切望していたのか…

何事も起きなくて、使用済み核燃料廃棄の問題もなければ、原子力も有用なエネルギーといえるだろう。

でもそうではない。
今後どう対策しても世界のどこかで何か起きる可能性はある。

原子力に携わっている科学者、技術者、産業・行政・その他いろいろ関係者の方々、

原子力反対

と言われると、自分自身のアイデンティティーを否定されたように思って、
それで余計に意固地になってしまうのでは無かろうか?
知らない奴らが何いってやがるとか
無知で怖がっているだけとか
電力を使っているでしょうとか
無くなると自分の仕事が困るとか
これまでの努力がとか…

原子力は役に立ってます。
今後もまだまだ必要です。

でも、
今後は縮小から廃止に舵を切るべきでしょう。
原子力に携わった人が

ということではない。
必要不可欠と思って頑張ってこられたことには敬意を表します。
ある程度やってみて
この技術はここまでにする、
という分野はいくつもあるでしょう。

蒸気機関は内燃機関の発達とともに無くなりました。

レコードも無くなりました。カセットも無くなりつつあります。

無くなったから無駄だったわけではありません。

原子力発電もおそらくまだ長きにわたって必要とはされるとしても

無くしていく、

と決めるべきだと思います。

無くなったらまずいから
自然エネルギーの開発を邪魔する
なんてことをすべきできない。
でも
しようとしている気がする。
巨大な力で

原子力に関わった人ほど、
自然エネルギーに
先を争って開発に向かってほしい

原子力反対の勢力も、

シーシェパードのようにはならないで。

そうでないと
うまくいかないと思う。

捕鯨は止めた方がよい…

私は思う。
でも欧米の理屈では納得できない。コルセットと鯨油のためだけに大量捕獲したのは欧米なのだから。
それを言わないで高等動物だから…では、捕鯨国は納得できない。

同じように、
多くの反原発運動は原子力関係者を頑なにしているのでは無いかと思う。

理性的脱原発運動が
本当に脱原発に向かうと思う。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

国会議員は放射能でも浴びてこい!

一言の謝罪もない…

被災者の方々だけでなく
多くの国民は
呆れていると思う。
仮に頼りない首相であっても今政争をしているときなのか?

あれだけメディアで言われているのに
何で分からないのだろう?

最後は首の皮一つで
繋がったようだが…
というのは、
首相の椅子でなくて民主党の形が。
理解してくれるようなことを言う支持者は、身内だけであろう…

いろいろな業界に入るとその業界に染まってしまうように、
国民の意識を持っていたはずの一年生議員もまた、
永田町にどっぷり浸かって、議員になる前の考え方を忘れてしまったのだろう

菅総理がどうと言うことより
民主党のごたごたの方に嫌気がさしてしまう。
自民党の方にも。
民主党の造反の見込みがなかったならば、果たして今提出しただろうか?
阪神淡路大震災の村山政権の時に
当時の野党はそんな揺さぶりを掛けただろうか?
村山政権だって震災とオウムでそうとうふらふらしていただろうに、
おそらく周りが何とか支えていた筈だ。

だいたい

政権を投げ出した鳩山が菅を批判する資格があるのか?
被災地選出の小沢は何してる?
以前は秘書が逮捕されても、ひょっとしてその後の検察不祥事のように、シナリオに沿って無理にでも立件された部分があるのでは?
メディアが叩き過ぎなのでは?
と小沢にも少し同情していたが
今の立ち回りは理解できない。
原口は好きだったけど嫌いになった。

地方の首長や議員も、国会議員には何かと世話にならないと行けないので
表だって批判はしないよ、きっと。
でも有権者はそっぽ向いてる。

せめて、被災者に一言謝罪すべきだ。
せめて。

谷垣は
菅には力不足で辞めてもらいたいが
力不足の分を自分が補って被災地のために努力する…といった方が、
政治家はそうでなくては、
と見直されたのではないだろうか…
ほんとは少し支持していたのに、
嫌いになった。
石原、何、あのインタビューは。

震災後の地方選では自民は踏ん張ったが地方議員の方が身近だからだし、
民主は駄目と思ったのだが
やっぱり
国政は自民も駄目。

いずれは来るであろう選挙…再来年は絶対あるよね
同日選かも。
今のままなら
動かないことを宣言しておく。
歯系議員にも投票しない。
ダイエットして綺麗になっていたら少し考える。
誰って?

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

歯と口腔の健康づくり推進条例 あま市議会で可決

12月22日(水)あま市議会最終日に、「歯と口腔の健康づくり推進条例」が可決された、と翌23日の中日新聞に載りました。

 歯・口腔に関する保健推進条例は、県レベルでは、千葉や新潟など一部の県で制定されています。国レベルではまだです。
 行政の医療・保健の政策では、歯・口腔が抜けてしまうことがよくあります。法律にないことは行政は積極的には政策作りをしません。
 昨今は歯・口腔と、いろいろな疾患の関連性が明らかになってきています。学術的な背景だけでなく、法的な背景も構築して、住民の歯・口腔の健康に寄与することはとても意義があると思います。

 市町村レベルでは全国で初めてかもしれません。静岡県裾野市も上程したそうですから、先に制定されていれば2番目かもしれませんが。

 あま市では市側からではなくて、30名弱の、会派も異なる多くの議員「発議」として上程され賛成多数で可決されたそうです。
 条例説明には元・海部郡歯科医師会会長渡邊先生、元専務理事日置先生に出席されました。
 関係された方々には心より感謝申し上げます。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

オータムフェスティバル 渡部陽一 講演 

http://www.autumnfes.net/index.html

オータムフェスティバルが開催中です。私学振興、私学への助成を拡充していただくための行動・催し…と言っていいでしょう。
私の子も私学ですから、運営協力券を購入しました。
家内はボランティアで稲沢会場へ。

私は、息子と西区会場へ。
今をときめく「渡部陽一」氏のトークショーへ。

これだけの注目度なのに、名前は聞き及んでいてもよく知らなかったのですが、先日の金スマスペシャルで見て、かなり心揺さぶられました。

 トークショーの前は式典でしたが、会場は満席、サテライトで体育館みたいな別室に通されました。前段の講演はさして大きくないスクリーンを通して聴講しました。私学振興の会なので学生も大勢でしたし父兄から高齢者まで座り心地の良くない板の上でしたが皆静かに聞いていました。
 最初はどうして戦場カメラマンになったか…。
 公式ホームページに書いてあるとおりでした。
 その後は写真を紹介する予定だったようですが、うまく移らないと言うことでそのまま講演が続きました。どうして戦争が起きたのか?イラク戦争も「石油だ」と断言。大量破壊兵器を隠しているとかそんなことは全く言われませんでした。結局のところ石油確保に都合の悪いフセイン政権を倒した…といことなのでしょう。
 質疑応答の時間は、サテライトだった部屋へ移動してきこられました。
 どんなことでも良い、ということで、出たのが、
写真をうまく写すこつは?…手をしっかり三脚代わりに固定して、一呼吸置いてシャッターを押すこと
早口言葉を言ってください…訪れた国都市名を続けて言われました。
元気でないときまた戦場に戻りたくて不安定なときにはどうするか?ひたすら掃除をする、とくに風呂掃除。無心になって落ち着くそうです。
健康の秘訣…昼しっかり食べる、次に朝も。夜は軽めの量にする。
取材時の鉄則みたいなものは…ガイドの言うことを聞くこと。危険を冒さないこと。必ず家族には連絡を怠らないこと。
今後は戦火に暮らす子供たちを撮っていきたい…そうです。
いつもその服装なのか?…名古屋駅を降りたときはジャケットは脱いだこと、戦場では名古屋の大須で買ったPコートで寒さをしのいでいる…そうです。
ロバートキャパ賞についての質問…いずれ取れたらよいですね。

西枇杷島の讃岐うどん「まる田」は兄(義兄?)がやっているそうです。次回の金スマでは、江南の中学に講演に行く前にそこで腹ごしらえするとのこと。
HPもありました。今度行ってみようかと思います。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

個人的参議院議員選挙

参議院議員選挙

以前海部郡出身のY議員がいらっしゃったころは、選挙はあちこちの演説会場に行ったり、何を於いてもその前から名簿集めで大変でした。真面目に頼んで集めていたので(当然なのですが)。
選挙用の電話を掛けに行ったこともあります。

今回は期間中は何もしていないので、…楽ですが、多くの方はこんな感じなのでしょうね。

比例区も、歯科医師連盟の議員がいつもいたので…名簿集めはこちらの方が大変でした。
量を集めようとすると、それを強制するとどうしても意味のない名前集めになってしまいます。最近は確実な方5名を…などと集めやすく頼みやすくなりました。

今回も選挙前に5名…でよいはずだったのですが、私は20名。集めない会員がいるから少し余分に…と頼まれました。
歯科医師会員でいる限り、実感無くても恩恵は受けている部分はあると思うのです。

今回は歯系の西村候補は10万票でぎりぎりの当選でした。
3年前の石井議員の半分しかありませんでしたが、前回ほど危機感がなかったのか、民主党だからか分かりませんが…
今までは選挙の2年くらい前から準備がされますが、今回は4ヶ月くらいしかなかったので、当選出来て良かった…として良いでしょう。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

ニュースの雰囲気に流されないで自分の考えを。

  私がブログを始めたのは6年前です。
  最初の文章は以下です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2005年4月29日 (金)
あなたの考えは自分の本当の考えか?

統制された国の国民は、考え・発想はその中から出ることはない。
そして、気が付かない。 でも外から見れば、偏っていることはよく分かる。

さて、でも、私たちも知らず知らず、メディアの情報などにだまされて、自身の考えのつもりで、実は違う…ということもあるのではないだろうか?
或いは、自分のいる業界の以前からの考え方にどっぷりつかってそれが当然…と思っていることが実は違うかも知れない…ということを考えるのは悪くないだろう…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 鳩山首相、非はあると思いますが、マスコミが言うほど悪くはないのではないか?
 と、
 私は敢えて書きます。

 野党時代は理想論を言っても政権にないので、実現できなくてもどうでも良いわけで、そのまま何十年先のことを直ぐ出来るように言ってしまったということはあるでしょう。
 確かに沖縄の方は怒っておられるでしょう…
 でも、
 自民政権の時より悪くなったわけではなくて、結局戻ったわけです。
 何か、鳩山政権が無理に辺野古に持ってきたようなイメージですが、実際は元通りなのです。
 否、
 県外海外移設を言って話題になったために、日本国民は今まで以上に沖縄の問題に関心を持ったわけです。
 また、どこかの解説にあったのですが(何気に見ていて忘れましたが)最初の条件より少しではありますが、最初よりもアメリカから譲歩を得られてもいるそうです。
 なので、ほんの少しだけでも前進はしたのです。
 この騒ぎを米軍も見ているはずですから、何かいっそうの配慮は引き出せるでしょうし、そうすべきです。
 何十年か後…(もっと早くがいいのは山々ですが)
 本当に無くなったときに、その第一歩は鳩山政権だった…となるかも知れません。
 ふと、
 竹下政権を思い出すのですが、
 消費前導入で叩きに叩かれて、消費税率並みに支持率は低下してしまい辞任されました。
 でも、
 そのお陰で今後税率を上げる必要の論理を言っても叩かれることはありません。
 時に国民の望まない政策もしなければならないのが政治でしょう。
 基地地域の方には申し訳ないですが、
 世界的に見ると多分、現在はそこに受け入れるしかない…
 のでしょう。
 嘘つきと叩くだけではなくて、
 どうして出来ないのか、そのあたりをマスコミももっと解説して欲しい…と思います。

 口蹄疫もですが、
 新型インフルの的にあれほど感染源をとやかく言っていたのに、
 口蹄疫はどこから感染したのか?
 その検証の記事がない…
 九州の方に聞いたら、どうやら中国産の藁ではないか?と言われている…と聞きました。
(確証のないことかいて済みませんが個人ブログなので許して)
 表面化したらまずいことは記事にされない…こともあるのです。
 
 昔のニュースはただ、淡々と出来事を流すだけでした。
 変わったのは、
 昭和60年秋、久米宏のニュースステーションからです。
 ただ読むだけでなく考えを述べるようになったのです。
 今はどのニュースも同じスタイルになり、ワイドショーとニュースの境が低くなり、繰り返し繰り返し同じ内容を報道しています。
 いつからこんなに報道番組が増えたのでしょう?
 何気に見ていても、
 キャスターやコメンテーターの意見に染まるのです。
 
 うちは昔から朝日新聞を取っていたのですが、
 何でこんなに非難されている自民党なのに、支持が集まるのだろう?
と、不思議に思いました。高校くらいの時です。
 朝日は世の人が皆自民党を非難しているような論調で書くので、それに染まってしまっただけで、
本当は、
 違っていたわけです。

 事情が分かる医療のニュースなどでは、ニュースの論調に疑問を持つこともあります。
 でも、
 多くの分野は詳細は知らないので、
 ニュースで言うとおりに考えてしまいます。
 
 小沢さんについても、
 4億円を貰ったという疑惑でなくて、
 報告書に虚偽の記載をしたことを知っていたか知らなかったかの疑惑なのです。
 自民政権時代も不正な金を実際に貰った政治家も多かったですが、
 今ほどこてんぱんに非難されていたっけ?
 と思ってしまいます。

 内閣支持率20%しかない…と報道されたとして、
 これだけ否定的な報道ばかりされている割には、まだ5人に1人は支持しているのです。
 みんなが否定している…という雰囲気の中で
 マイクを向けられると、
 そんなに不支持でなくても支持と言ったらいけないかも…と思ってしまう人もいるでしょう。
 そうして流されて不支持になっていく人もいるでしょう。
 中立的な状況ならもう少し支持は高いのでは?と私は思います。
 頑固に支持している2割の人は高い確率で選挙に行くでしょう。
 参議院選挙は大負けはしないのではないか?
 と思います。
 
 某隣国(複数)は、国がマスコミを統制していますが、
 日本は、マスコミがハウリングするほど情報を大きく流すので、
 マスコミに統制されてきている…
気もします。

 事実は事実として、○○すべき…のようなことはそのまま受け取らないようにして、ニュースは見る<べき>でしょう。

 
 
 

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

中間管理職日本国内閣総理大臣

中間管理職日本国内閣総理大臣

または、アメリカ子会社日本国内各総理大臣

ですよね。
県外国外移設する、と言わなければ、もともと辺野古が予定だったのだから、ここまで問題になったのは確かに鳩山総理の責任もあるとは思います。

でも、

どうして自国の総理ばかり批判しているのでしょうか?

どうして沖縄に置くのが必要なのか、アメリカが説明すべきではないのでしょうか?
日本のためだけの施設ではない、国際的に必要だとしたら、
どうして沖縄なのか、
グアムでは駄目なのか、
その辺の報道が無い気がします。

例えば、会社員がリストラされるとか左遷させられるとかいう辞令を受けたときに、直接説明を受けた上司は、何とか掛け合ってみる…と言いつつ、やはり上からの意向だから仕方ない逆らえない、と言うばかりだったとしたら、担当役員を出せとか社長を出せとか、言いませんか?
逆らえないとしても少しは。

日本国総理大臣の地位はまさに、
中間管理職、子会社社長に他なりません。

何か情けない
オバマが沖縄に来て説明しなければまかり成らん…
くらい、言っても良いまではないの?
どのみち言葉に重みがないと言われているのだから。

もう、暴動でも起こした方が良いのでは?…というのが不謹慎なら
大規模デモを連日行って、
世界のメディアに訴える…のはどうでしょうか?
対北朝鮮で絶対に米軍が必要な韓国でさえ、反米デモがあったのだから…

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)