書籍・雑誌

2013年10月20日 (日)

愛知高校新聞縮刷版、第二集が刊行

 愛知高校新聞縮刷版、第二集が刊行されました。
内容は、愛高新聞143号~228号。発行一覧、一般紙の紹介記事、コンクールの足跡、愛高新聞の軌跡、新聞部OB名簿。
愛高新聞は昭和22年に「興風」の名前で始まり、「愛知学院新聞」を経て「愛知高校新聞」へ。

 全国新聞コンクールで4度最優秀賞に輝きました。3度目は私が部員だったときです。でも、下級生だったので、先輩の快挙と言うことになります。私が幹部の時は「優秀賞」でした。
第一集が刊行されたのは昭和53年。草創期から53年7月号まで。私は高二でした。
今回は昭和53年10月号から平成9年までです。
 私がいた頃は年6回発行していました。一般紙と同じ大きさで4ページまたは2ページ。

 第二集の最初の方は自分が書いた記事が多くあるはず…ですが、記憶あるものもあれば、思い出せないものも。当時イラストも描いていました。イラストはすべて自分が描いたものは分かります。
友人のFが伝手もないのに当時のアイドル石野真子や高田みづえにインタビューした記事も載っています。

 卒後の55年4月号は、大学合格者インタビューとして私が載っています。
 今回は愛知高校前校長松本先生が私費で刊行されたと言うことです。
卒業生特別頒布価格3500円。
Aikoushimbun1  Aikoushimbun2  Aikoushimbun3  Aikoushimbun4  Aikoushimbun5

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

代替医療の病院選び全国ガイドに掲載されています

090225honnoki2

090225honnoki

昨年暮れよりお話があり、掲載されました。

特に広告料を出したと言うことではありません。念のため。

名のある先生でも掲載を断った方もあるでしょう、きっと。

何冊も本を出しているような先生も、名もない私も、同じ大きさで載っていたりしますので、

読者の方は、

よく考えて…

受診しましょう。

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

待合室雑誌

終電間近でキオスクなど駅の売店で雑誌を買おうとすると、
「ちょっとそれは…明日発売なので…」
と、断られることがある。
前日に届いて準備してあるのだ。

さて、当院でも待合室にいくつかの雑誌をおいている。
少年漫画雑誌は、以前は3誌も取っていたが、今は経費節減で少年ジャンプだけにしている。

いくつかの雑誌とともに書店に配達を頼んでいるが、
ジャンプは土曜日の昼に持ってきてくれるのだ。あちこちに配達されているのでその都合だとは思う。
大っぴらにしてはいけないかもしれないが…
うちでは、2日も前にジャンプが読めてしまう。

土曜の予約の人は、ジャンプを楽しみに来る方も複数あるようだ。

 以前よりは雑誌は減ったが、まだ下手な喫茶店より多いかもしれない。
 新聞も3誌取っているし。
 3~40代の女性がよく読みそうなものを多く置くようにしている。
 男性誌は私がたまに買ってきて置くときもあるが、どうしてもエッチなグラビアが多いのであまり置かないようにしている。
 うちは子どもが多いので。

 歯科の啓発の読み物も並べてあるが…
 あんまり読まれていないようだ。雑誌がなければ読まれるかもしれない。

 読み物が必要な理由は、

結構待たせるからである。

Dscn3238

本箱に一杯!

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

クリックいつもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

アミ小さな宇宙人

  ちびまる子ちゃんのさくらももこさんの表紙・挿絵で原作はチリ人、エンリケ・バリオス氏。
 小学生高学年くらいから読めるような文になっています。10歳の主人公ペドゥリート少年と同じくらいに見えるが、UFOでやって来た宇宙人アミが、「愛とは?」「どう生きたらいいか?」など地球人の精神的進化のためにどの様にしたらよいかを説く物語。
 「本当に宇宙人に会ったと書くと病院送りだから物語として書くんだよ」とアミに言われて書いたことになっています。

 あとがきでさくらさんは、「この清らかで明確で大切な物語がひとりでも多くの人々の魂に届きますように。」と書かれています。
 同感です。
 実話だったらもっとすばらしいな…とも思える物語です。

 続編もあって3部作になっています。ちょっと創作っぽいかな(物語なのだから創作なんですけど)という感じはしますが、続編もとても良いです。

 徳間文庫から。ご一読を。

http://hasegawashikaiin.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)