心と体

2012年10月14日 (日)

ナゴヤビーガングルメ祭り2012

Img_1097_1http://nagoya-vegefes.com/index.html
ナゴヤビーガングルメ祭り2012 に行ってきました。
昨年から開催が始まったらしいですが、今回初めて知りました。
http://sukuna.web.fc2.com/forest/top.html
佐藤静風先生から教えていただきました。

子どもが名古屋で英検を受けるので送り迎えがてら2時間くらいの滞在でした。名古屋市公会堂で私立学校フェアなどが行われていて、そちらに来られた方もふらりとやって来られたりしていたようです。
ヴィーガン…と名付けているところから、主催者の方は菜食主義の中でも最もピュアな系統と思います。でも、どなたが来ても安心して食べられるものばかりです。

採食だけでなくて動物保護…の関係の団体もありました。
が、医学の世界では大量の動物実験なしでは成り立たないので、動物殺生を全部良くないとするのは困難です。
私はラクト・オボ・ベジタリアンです。
きっかけは17年前にインドへ行ったことからでした。15年前からベジタリアンをしています。
70億人が生きるため、地球環境のため、肉食を減らす象徴としてのベジタリアン…に居たいな、と私は思います。

さて、写真はスリランカ料理PAHANAのご主人です。以前は稲沢にお店があって、今は金山に移転されて足が遠のいてしまったのですが、今回偶然お会いできて嬉しかったです。
今日はカレーのお店がたくさんありました。インドは人口の1/3がベジタリアンと聞いています。
外国人のお客さんも多く見かけました。欧米でも一定の人々がベジタリアンしていることが背景にあるからでしょう。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

スピリチュアル整体師「今皆 歩点」ができるまで

https://www.facebook.com/#!/events/104621183020243/
スピリチアル整体師「今皆 歩点」ができるまで
の第二回に参加しました。

春頃、佐藤静風先生のセミナーでお会いし、その後の懇親会で煌めくパーソナリティーに感銘し、今回また参加しました。
ちゃんと参加できる日どりになっているのが不思議です。

京都のとある企業の御曹司3代目として生まれる。
とても厳しい且つ個性的な祖父の下育つ。結構ガキ大将であった。
あるときスケボーで転倒して頭部を強打。1週間意識不明となるも甦る。意識がない間、中国語など多国語を話し出す。
いつ、どこの誰のことか分からないことも勝手に話す。一部は録音済。自身は後で聞いて知っているだけでその場のことは記憶にない。
数年衝撃の余韻で目がロンパリになっていた。
まったく羞恥心恐怖心が無くなり、超プラス思考で過ごしていた。
しかし半年後会社は倒産。
スピリチュアル的には
21歳の時、師に出会う。
26歳の時にイギリスのスピリチュアルヒーラーに教えを受ける。
現在こころのカウンセリングで病気を改善する活動などをしている。

前回は6月でしたか…
今回も2時間のお話があっという間に過ぎました。
次は10/4(木)とのこと。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

テラピストの寺子屋-幾億の問い、幾億の答え-

名古屋市科学館そばのカフェコスモス、2回目の訪問は
テラピストの寺子屋-幾億の問い、幾億の答え-
今回は鍼灸・気功・カイロなどを習得され
プロの間でも高い評価を得られている
あすなろ治療院の院長林恭弘先生の講演会へ行きました。
林先生は一日30人を施術 するハードな治療生活を続けているうちに、人体に流れ
る気を感じるようになったと言います。
筋肉反射やダウジングを自然にされているんだな…と勝手に思いました。
出来る人はそうなんですよね…。
資料より。
・やさしくしたい下心
・必要か必要でないかの判断
・セラピストとクライアントの責任 その境界線は?
・見極めて自立をサポートするには

二人三人、デモンストレーションもありました。
今後も「出来る」セラピストのお話はいろいろ伺いたいと感じました。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

7月の活動

7月の活動
4日 4年生歯磨き教室(甚目寺西小)
8日 第12回テレセラピー研究会総会(全国町村会館)
12日 1歳6ヶ月児健診(甚目寺保健センター)
   名古屋第一赤十字病院病診連携講習会
13日 あま市歯科医師連絡協議会(海部地区急病診療所)
14日 夏祭り全体会議(大里市民センター)
19日 歯牙筋肉支持骨関連療法セミナー(新宿文化会館)
21日 TSG7月度研修会(ゆう歯科クリニック)
22日 神の探求講座(N&K総合研究所)
25日 第387回総合医療開発研究会
26日 医療保険地区担当者連絡協議会(名古屋銀行協会)
27日 第2回海部歯科医師会地域保健医療福祉対策委員会

7月の往診
 10回 延べ13人。実人数は4人。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

武医同源ワークショップ IN春日井

この日午前は
半年ぶりにエゴスキューに行っています。新たなメニューを受けました。

武医同源ワークショップ IN春日井
アトリエコスモス
に参加しました。
講師は佐藤静風先生。
神経反射法
1神経反射法
2浸透圧療法
3伸筋優位運動
4弛緩内部運動(第二の運動系)
II 前面内旋療法
1デモンストレーション
2平握法
3伸張握法
4表滑法
III 背面内転療法
1デモンストレーション
2相半固定法
IV 前面外旋療法(小手返し療法)
1デモンストレーション
2平握法
3伸張握法
4表滑法
5週末動作
V小纏絲療法
1デモンストレーション
2懶扎衣、金剛搗碓
3腸骨連動法
VI 大纏絲療法
1デモンストレーション
2懶扎衣、金剛搗碓
3腸骨連動法
VII 斜行療法
1デモンストレーション
2斜行
3外旋斜行療法
VIII 発勁療法
1デモンストレーション

ほとんど覚えてません_(._.)_
手をつかまれたときに力ずくでなくて払う方法…はよいと思いました。

その後懇親会でしたが、
なんと懇親会のほうが長く4時間以上…
参加されたNさんとその伴侶の方に惹きこまれました。


人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

あま市虐待防止ネットワーク協議会

午後二時から開催され、歯科医師代表で出席しました。あま市では23年度、児童52高齢者13DV6の計71件が報告されたとのことです。
人口8万人台の市でこの数は多いのか?
数例、実態報告がされたが、これで死亡にでもなれば確実にニュースになるような件が、実際には身近に多数起きているわけです。

海部福祉相談センター長は、後段熱く語られていました。
平成2年、全国で千件くらいだった児童虐待は22年には5万件に増加している。以前は炙り出されるようになったので増えているように見えるだけ…とも言われたがさすがにここまで多いと確実に増加していると言わざるを得ない。起きてから対処するのでは死亡も起きうる。防止することに最大限努力が必要とのこと。

いつも社会的背景でいろいろな要因が語られますが、
私は
タガメを思い出します。

何の番組だったか忘れましたが、衝撃的映像でした。メスと交尾をして卵を守っている雄のところに別のメスがやってきて、その卵を破壊し食べてしまうのです。
オスは必死に抵抗しますが、タガメはメスのほうが大きく受精卵はほとんどやられてしまいます。するとオスはどうするかというと、その破壊したメスと新たに交尾するのです。生物は自身の遺伝子を次に残すのが使命ですから、先の卵が無くなった以上、別のメスと交わって子孫を残すのが当然で、その行動は理にかなっているというのです。

新たな恋人・相手とともに以前の相手との自分の実子を死に追いやる親は、新しい相手との子孫を作るため前の子が邪魔になりそういう行動をとるのでしょうが、それ霊長の脳の働きではなく畜生以下の脳の発現ではないのでしょうか?
実際にはいろいろな例があるとしても自分に邪魔になるものを排除する行動は、同じではないかと考えています。


人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

東洋技法 第二の運動系とエネルギー療法

意識波動医学研究会主催、上記セミナーがウインク愛知にて開催されました。
午後1時半から4時半まで。
20名少々の参加者がありました。
最初に山田新一郎先生(日本鍼灸師、米国カリフォルニア州鍼師、元 Meiji College of Oriental Medicine(California) Dean of Faculty)から理論的背景を拝聴し、
その後、佐藤静風先生より、デモンストレーションも交えて様々な呼吸法などを紹介していただきました。ナウリクリヤー、肩甲骨を剥がす操作法は何回見ても不思議。
http://sukuna.web.fc2.com/forest/method.html
正直、すぐできるとかそういうことはないのですが、
肩甲骨を剥がすのは肩こりなどにもよく、やってみようと思う一つでした。
山田先生も実はタッピングによる身体調整もできる方で、講演後質問や体験希望も参加者から相次ぎました。
講演終了後、ミッドランドスクエア内COVAで講師の方々含め9名でミニ懇親会もしました。
参加者を増やしていただいたAさん有難うございました。

120325ishikihadou1


120325ishikihadou

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

伊東聖鎬先生、歯牙筋肉支持骨関連療法、5.6回目

Img_04691 ラトゥール新宿   Img_04711コーヒー飲みながら中から都庁を見る。

 

伊東聖鎬先生、歯牙筋肉支持骨関連療法、5.6回目。
何が起こっても自分を知るチャンス。
様々な症状があっても、その人が望んでいることはまずその一部である。
人任せでない、自分をよくしたい…と思うところから信号は出てくる。
自分を持たないように生きていく、そういう風にさせている現代社会
自分が自分を見失っていることの自覚が病気症状
筋肉反射レベルと脳反射の違い…宇宙ができたときと自分が一つになる
生まれてきた意味は元との一体になること
時分が損していると思うことは損
伊東は受講者の私たちに対して使っている
一般の人は自分のこととして受け入れて行う
医療者は患者に対してのこととして聞いているので回り道。習性?
脈管障害は、脳梗塞系と心筋梗塞系のほかに肝臓の脈管障害、腎臓の脈管障害も。
後頭骨、頸椎、胸椎、腰椎は、棘突起・横突起・椎体後部・椎体前部において、8方向ずつの動きがある。
午後は実習も。背骨のどこに揺らぎがないか、ない部分について支持骨(ほとんど足)のアジャストで揺らぎを通す。
脳のイメージで、背骨を一つずつ動かしていく。揺らぎがないところがわかる。
沖縄の樋口先生とペアで調べてみた。

屈をすると本人の実感だけでなく、客観的指標で分かりやすい。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

第8回和合医療セミナー(中部地区第1回治療家シンポジウム)

第8回和合医療セミナー(中部地区第1回治療家シンポジウム)が、名古屋モード学園スパイラルタワーズにて開催されました。
「治療家」向けなので、柔整鍼灸整体その他療法家向けなのですが、面識のある愛知電子社長さんから案内を頂き、都合も付いたので出かけました。
 親交のある堀田先生、陰山先生が講演されるということが大きいですが。

 まず堀田先生から。
 医師でいらっしゃいますが、普通の医療の話ではなくて、今回は被曝を減らす方法や、食品添加物や除草剤の問題も提起されましたが、
 ひふみ祝詞が精神性を高めるのに最強である、ということを強調されて終わりました。
 二人目は大島九州男参議院議員。
 高価な医療機器を購入したら、ペイするために使う心理が働くのではないか?と当然の推測。医師会の集まりでは言わないでしょうね。
 鳩山元首相はとってもいい人。本心で発言するが実行できないことが難点とのこと。
トリは陰山康成先生。
 こっそり見ていくだけのつもりでしたが、目ざとく見つけられて挨拶されました。そういう部分がうまいところでしょうね。
 この時U氏の逝去を知りました。最初は信じられませんでしたが。
 また、
 堀田先生から7月の口演依頼も。

 

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

歯牙・筋肉・支持骨関連療法

伊東聖鎬先生、歯牙・筋肉・支持骨関連療法。
5,6回目。
ラトゥール新宿にて。
2か月間休んでしまったので3か月ぶりの伊東聖鎬先生のセミナーです。
事前に何とかDVDで内容を把握して出かけました。
概要というか、背景、理由、基本…という部分の話で、まだ実践には入っていません。
支持骨の異常が筋肉や歯に現れるということで、
歯科医師としては取り組みやすい分野です。
今後が楽しみです。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧