学問・資格

2009年10月 3日 (土)

平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成セミナー1日目

平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成セミナー1日目。

表記講習会が午後1時半より、愛知県歯科医師会館で開催されました。
これは、安倍内閣の時に、健康フロンティア戦略というものが立てられ、
12の分野が示されたそうです。
子供の健康力
メタボリックシンドローム克服力
ガン克服力
食の選択力
女性の健康力
介護予防力
歯の健康力
スポーツ力
そして、人間活動領域拡張力
研究開発力
家庭力・地域力…
何か、分かったような分からないようなものもありますし、何でも「力」を点ければいいものでもないという気もしますが、とにかく2006年から16年までの計画であるようです。
政権交代で変わることもあるかも知れませんが。
歯の健康力は全ての分野ですが、特に今回は高齢期・寝たきり者の口腔ケアに焦点を当てた内容だそうです。なので、介護施設の見学が必修になっています。
全国7箇所で開催されています。
東海信越地区は愛知県で開催とのことでした。
メインは
植村研一 浜松医科大学名誉教授の「医療安全のための望ましいコミュニケーション(患者の心に優しいコミュニケーション)」
講演と、演習。
演習は、例えば「ガンを告知されて死が間近であることを自覚している患者が突然『私きっと治りますよね』と言ってきたらあなたは何と答えますか?」など。
治ると思いますよ、
人の命は分かりません
頑張りましょう…では駄目で、
「治ると本当に良いですね」
が良いらしい。嘘をつかない、傷つけない、心を支える…ような解答が必要とのこと。だが、なかなか直ぐは出てきにくい。
ただ、患者さんがわけの分からないことを言ったとしても、
オウム返しのよように、繰り返すと良い、
共感を示す…ということについては、
いろいろ不定愁訴の患者さんを見てきて、自分なりに身につけてきているかな?と言う気はしました。
その後は班毎にワークショップの練習。
決められた時間で(1分)で自己紹介。
そしてそれを聞き終わってから他の方の紹介を15秒で行う、など。班で練習した後、全員で行い、50人ほどで行いました。
50人の誰かを指されるわけで特徴をメモらなければなりません。
こんなに自己紹介を聞き入ったのは初めて…でしょう。
 今回は愛知・岐阜・三重・静岡・長野の5県から50名弱の歯科医師、歯科衛生士が来られています。
 よく存じ上げている先生や、大学のクラブの先輩も岐阜から来られていてしかも同じ班で奇遇にもびっくりしました。

ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ↑クリックして頂けたらうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

第102回(2009年度) 歯科医師国家試験

 ちょっと前に発表があったようです。最近は厳しくなり合格率は低い状況が続いています。その中で私の母校は私立では上位をキープしています。合格率順に3年間の各大学の合格率を以下に示します。

 太字は私立大学です。私立は卒業生を搾っているだろう…という指摘は当たっていると思いすが、ほとんどはいずれは卒業していくので、上位を続けていると言うことは、教育方針がまずまずである…と言えるでしょう。

 出身大学イコールその歯科医のレベルを表すわけではありませんが、気にはなりますよね。

第102回(2009年度) 歯科医師国家試験   

全体の合格率 全体:67.5%   
新卒:76.1%   
既卒:46.1%   
受験者数 3.531名   
合格者数 2.383名   

大学名           歯科医師国家試験合格率
大阪大学大学院 歯学研究科   90.40%   
岡山大学 歯学部          89.30%   
北海道大学 歯学部         87.50%   

東京歯科大学             87.10%   
東京医科歯科大学          83.50%   
鹿児島大学 歯学部         83.10%   
九州大学歯学部            82.70%   
広島大学 歯学部           81.60%   
新潟大学 歯学部           81.00%   
徳島大学 歯学部           80.60%
   
愛知学院大学 歯学部       79.50%    
日本歯科大学 生命歯学部     79.10%   
長崎大学 歯学部           78.00%   
昭和大学 歯学部           76.20%   
福岡歯科大学             76.00%   
東北大学 歯学部           71.20%   
日本大学 松戸歯学部        71.00%   
日本大学 歯学部           68.50%   
九州歯科大学             68.30%    
神奈川歯科大学            64.20%   
北海道医療大学 歯学部       62.70%   
大阪歯科大学             61.60%   
日本歯科大学 新潟生命歯学部  61.30%   
明海大学 歯学部           59.90%   
鶴見大学 歯学部・歯学科      57.70%   
朝日大学 歯学部           53.30%   
奥羽大学 歯学部           51.30%   
岩手医科大学 歯学部        48.70%   
松本歯科大学      
        32.50% 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第101回(2008年度) 歯科医師国家試験    
   
全体の合格率 全体:68.9%   
新卒:78.3%   
既卒:39.7%   
受験者数 3.295名   
合格者数 2.269名 

大学名        歯科医師国家試験合格率   
北海道大学 歯学部        91.20%   
徳島大学 歯学部         90.00%   
大阪大学大学院 歯学研究科  85.90%   
東京歯科大学           85.60%   
鹿児島大学 歯学部        84.70%   
愛知学院大学 歯学部     84.30%   
新潟大学 歯学部         84.20%   
長崎大学 歯学部         83.80%   
東北大学 歯学部         83.60%   
日本大学 歯学部         82.60%   
九州歯科大学           79.80%   
岡山大学 歯学部         79.70%   
広島大学 歯学部         77.30%   
日本歯科大学 生命歯学部   77.00%   
東京医科歯科大学         74.00%   
日本大学 松戸歯学部       72.70%   
昭和大学 歯学部          68.40%   
明海大学 歯学部          67.20%
   
九州大学歯学部            66.20%   
日本歯科大学 新潟生命歯学部  65.70%   
福岡歯科大学             62.90%   
大阪歯科大学             62.20%   
北海道医療大学 歯学部      60.30%   
鶴見大学 歯学部・歯学科     59.90%   
神奈川歯科大学           57.70%   
朝日大学 歯学部          56.80%   
岩手医科大学 歯学部       55.60%   
松本歯科大学            47.20%   
奥羽大学 歯学部          40.40% 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第100回(2007年度) 歯科医師国家試験    
   
全体の合格率 全体:74.2%   
新卒:80.2%   
既卒:21.0%   
受験者数 3.200名   
合格者数 2.375名 

大学名        歯科医師国家試験合格率 
北海道大学 歯学部        95.00%   
新潟大学 歯学部          91.07%   
東京医科歯科大学         90.54%   
岡山大学 歯学部          90.38%   
東京歯科大学            90.22%   
九州歯科大学            89.21%   
大阪大学大学院 歯学研究科   88.70%   
愛知学院大学 歯学部       88.43%    
鹿児島大学 歯学部        88.15%   
昭和大学 歯学部          87.71%   
日本大学 歯学部          87.33%
   
九州大学歯学部           86.66%   
広島大学 歯学部          86.15%   
徳島大学 歯学部          84.72%   
明海大学 歯学部          82.63%   
東北大学 歯学部          80.30%   
長崎大学 歯学部          80.30%   
日本歯科大学 生命歯学部    78.14%   
日本大学 松戸歯学部       72.48%   
北海道医療大学 歯学部      72.26%   
神奈川歯科大学           71.23%   
福岡歯科大学            70.71%   
鶴見大学 歯学部・歯学科     61.06%   
大阪歯科大学           60.97%   
奥羽大学 歯学部         58.27%   
日本歯科大学 新潟生命歯学部  57.25%   
朝日大学 歯学部          56.93%   
岩手医科大学 歯学部       53.70%   
松本歯科大学            41.66%
 

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

大学受験の思い出…11

   http://hasegawa-chihiro.cocolog-nifty.com/sonohito/2009/03/10-aa44.html

  の続き

  さて今、
 
 仕事が終わったらビール飲んでテレビ見て寝てしまう
 休日はゴルフ
 休み前は飲み屋

 なんて言う生活は私はしていません。

 多忙ですが、勉強の時間を取るようにしています。
 歯科医師も、思ったほど金銭的余裕はありませんし、仕事の時間も非常に長い…
 何とかやりがいを見つけて頑張っている状況です。

  進路を適当に決めたのに…結局合っていたのでしょうね。
 
 大学受験が不完全燃焼になってしまったので、人生もっと何か勉強しないと…という切迫感が今あるのです。

  自分の子には、

 跡を継げ…というつもりはありません。

 自分が継がなかったのに、継げ、とは言えないではないですか。

 何となく…「歯医者になっても良いかも」というようなことは言っていますが(中学生)、私も、漠然と農家継ぐのかナー…と思っていましたからね。
 先のことは分かりません。

 好きな分野に学部へ行くのがよいのではないか?と思っています。

終わり

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年3月13日 (金)

大学受験の思い出…10

http://hasegawa-chihiro.cocolog-nifty.com/sonohito/2009/03/post-d333.html

 の続き  

  他の学部はいろいろな道があります。
 歯学部や医学部などは、ほぼ、入学時点で将来の職業は決まってしまうのです。
   
 また、卒業しても国家試験に合格しないと、全くつぶしが利きません。
 歯科技工士や衛生士に自動的になれるというものでもありません。

 歯科医師国家試験は、自発的にかつて無いほど勉強をしました。とは言っても2ヶ月くらいの期間ですけどね。
 人生で一番勉強していたのは大学入試ではなくて、国試前だったと思います。
 愛知学院は、国試の合格率は私立では高いのです。年によっては国公立並みです。今も高い方ですが当時は100%近かったのです。今より全体の合格率も高かったのですけども。
 卒業できるような成績ならだいたいは大丈夫なはずですが、油断は禁物…高校入試のことを思い出して勉強しました。
 6年前もこのくらいやっていればナー…と考えながら。

 国試も見事合格。
 合格発表が結構遅くて…5月くらいだったか…
 4月からすでに歯科医院に勤めていましたね。
 まずいですよね、多分。
 今は制度として臨床研修医制度がありますから、出来ないでしょう。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

大学受験の思い出…9

http://hasegawa-chihiro.cocolog-nifty.com/sonohito/2009/03/post-8000.html

 の続き

 簡単に受験のことかこうと思ったら…長くなってしまった

 母は歯学部へ行け、といいました。
 農家の長男では嫁の来手がない、歯医者なら逆だ…とすでに考えていたようです。うちの子は歯医者があっている…という発想ではなかったと思います。
 
 父はいつも不機嫌な顔をしていましたから、
とにかく、お金がかかっては駄目ではないか?という、自分の意思より親の意思…みたいな、ある意味情けない?ちょっとは反抗しても良いくらいかも知れませんが、
気の優しい子だったので(とよく言われました)、迷いの中心は、迷いは自分はどちらがあっているかでは無かったような記憶です。
 そんな中で、
M先生は、

 「説得してあげるから、歯学部へ行きなさい、手先器用だろ?」

 器用かどうか…
 絵は上手な方でした。
 新聞部では記事も書いていましたがイラストも描いていました。

 そういう方面に行こうか?とも思ったことがあります。
 でも、ちょっと描けるくらいで職業としてどうか…と思うと踏み出せませんでした。

  受験の時から思っていたのですが、受験生の感じも随分違って見えました。
 岐阜大の方は、自分から見て「普通」…の感じでした。
 愛知学院の受験生はちゃらちゃらしていたというか、派手というか、休憩時に喫煙していたり(本当に2浪?)、食事時にたまたま隣になった受験生は浪人で私立医学部歯学部を複数受けていて、共通一次も受けた、と言ったらびっくりしていました。
  国公立の滑り止めの受験生もいるはずですが、最初から私立志望の受験生が多い感じでした。

  もちろん、
  堅実そうな私みたいな人もいましたけどね。

 ともあれ、

 将来について熟考の結果、歯学部進学を決意したのでした。

 続く

人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月 6日 (金)

大学受験の思い出…8

http://hasegawa-chihiro.cocolog-nifty.com/sonohito/2009/02/post-4c46.html

  の続き

 何か、あまり勉強しなくても合格した…みたいな書き方になってしまいましたが、合格したのはひょっとしたら「運」かも知れません。
 
 歯学部の試験の前日に、基本に戻って数学の教科書を見ていました。ちょっと引っかかって間違えた問題がありました。

 その問題がほぼそのまま数学の入試に出ていたのでした!!
 
 もちろん、すらすら回答できました。前日解いていなかったら…いろいろな影響が出たかも知れません。
 その問題が不正解だったとして不合格…とは限りませんけど。

 理系は物理化学で受験する生徒が多く、生物の授業は最後まで行かず、中途半端で終わっていました。
 今思えば、特別クラスだったとしても、学生の指導は不十分だったと思いますね。今はどうなのでしょう?母校は…

 生物を取るので一応全部見ておかないと…と思って、二次試験前の何日かに目を通していました。
 生態系の部分でした。何もないところから森林が出来る過程とか、環境とか。
 地球環境問題が叫ばれる今なら逆に出やすいかも知れませんが、当時は、勝手なイメージでは余り出ないだろう…と言うようなところでした。
 が、
 そこが出たのです。
 
 やっておいて良かった…というところです。
 当時岐阜大の2次試験の配分は低く、共通一次の配点が大きかった(7割くらい?29年も前なので忘れましたが…)のですが、あの生物の問題が解けてなかったら…ひょっとしたら不合格もあったかも知れません。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

・昆虫に歯はあるのか?甚目寺中1年生の質問から32

    クワガタムシには、内歯とか小歯とか呼ぶ部分がある。昆虫の種類によっては歯とか顎と呼ぶ部分を持っているものがある。

    しかし、昆虫類は「節足動物」であり、進化の系統樹を見ると大昔に分かれて来ているもので、カルシウムの骨格を持つ哺乳類とは身体を作る物質がかなり違っている。

   昆虫の身体はキチン質という物質で出来ていて歯も、同種の物質で出来ていると思われる。

 

  …昆虫の歯なんて、大学で習いませんよ…

  今はネット社会で調べやすくて良いですね…

  

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月14日 (木)

東京大学

 第7回 Bi-Digital O-Ring Test 国際シンポジウムが、東京大学山上会館で開催された。8,9,10日の3日間だが、9,10の二日間参加した。

 ORT医学会のことはひとまずおいといて、東京大学…というところに初めて足を踏み入れた…ということが、一介の俗人としては感慨があった。

 一部の場所しか見てはいないが、古めかしい重厚な建物が並んでいる。新しい建物も古く見せてあった…。

 学生や関係者ばかりでなく見物、見学に来ている人、散歩に来ている近所の人…なども見かけた。結構出入りは自由のようだ。

 学内が広いので、自転車やバイクで移動している学生たちが多いようであった。うちの子も東大くらい受けられるようにならないかな…無理か…。

Dcf_0114 Dcf_0117  左・安田講堂

右・ 小柴昌俊博士記念植樹

http://hasegawashikaiin.jp/

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)