« NTT西日本のポイント | トップページ | 日本一般臨床医矯正研究会理事会・総会 »

2013年4月17日 (水)

市町村障碍者認定審査委員研修会

130417shougainintei1

今日は臨時に休診にしました。半日潰れるので木曜日に一日診療します。

午後より愛知県社会福祉会館3階 多目的会議室にて新任市町村障碍者認定審査委員向けの研修会が開催された(障害を敢えて障碍と書き換えています)。

愛知県健康福祉部障碍福祉課井上氏より概要について

市町村審査会委員マニュアルについてを 医療法人豊和会精神福祉士成瀬氏より。

 今回から身体、精神、知的障碍に加えて難病指定の患者さんも加わることになったとのこと。

 介護認定と違い、障碍者の状態は複雑なので一次判定だけで確定することは難しく、二次で変更することは非常に多い。

 いきなりだとなかなか分からなかったと思うが、介護認定6年の経験があるので、書類の見方流れは今日の説明で割とよく理解できた。

最後に審査会における検討事例ということで、刈谷市福祉健康部障碍福祉課の方から、実例を交えての説明は役に立った。2段階上げることも珍しくは無いようである。

 夜は、

 湯元館にて第396回総合医療開発研究会。歯科医師60名、歯科衛生士1歯科技工士1県会議員1市会議員1の参加。

 周術期の口腔管理について、

 名古屋第一赤十字病院歯科口腔外科部長大岩先生から、病院での取り組みの実際と、困難な面などについて。

 愛知県歯科医師会医保部長大平先生から医療保険の請求の要点について。

 なかなかややこしい…が質問も複数戴いた。

 終了後にも私も大岩先生に感染源除去の程度について少し質問させていただいた。

 講師の先生方ありがとうございました。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« NTT西日本のポイント | トップページ | 日本一般臨床医矯正研究会理事会・総会 »

公務」カテゴリの記事

口腔と全身」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市町村障碍者認定審査委員研修会:

« NTT西日本のポイント | トップページ | 日本一般臨床医矯正研究会理事会・総会 »