« 市町村障碍者認定審査委員研修会 | トップページ | 「非歯源性の口腔疾患を良くする!歯科と柔整・治療家の連携」ワンデーセミナー »

2013年4月20日 (土)

日本一般臨床医矯正研究会理事会・総会

午後7時より、品川プリンスホテル にて日本一般臨床医矯正研究会理事会が開催されました。
懇親会も含めて「味街道五十三次」にて。
A常任理事の司会にて、挨拶をO会長。
常任理事会報告、総務、広報、学術、認定委員会。決算報告監査報告。
25年度事業計画案、予算案について。
特に今回は、JOSG日本一般臨床医矯正研究会の認定医制度発足について。
各務先生から、矯正専門医のような厳格なものではないが、各務理論を正確に広げていくために設置した…というようなことでした(私の解釈)。
移行期間を設けて一定レベルの会員をとりあえず認定医にしたいとのこと。
懇親会乾杯の音頭はK元日本歯科大名誉教授。理事紹介は各務先生。
前年度から理事を承りましたが、今回初めて参加しました。
知る先生がいないと懇親会はつまらないかな…とも思いましたが、会長や副会長先生、同じ愛知県の先生、同姓・同窓の先生などおられて概ね楽しくコミュニケーションをとることが出来ました。
一泊し翌日は総会と講演会。
但し、各務先生の講演のみ拝聴し早退。
講演の概略。
混合歯列期から関われば非抜歯矯正は可能だが、絶対と言うことでは無い。下顎は非抜歯上顎は抜歯しても良い。なぜなら舌の部屋が小さくはならないから。
全身咬合学会などで抜歯は全身との関わりで良くないという意見が多かったが、舌の部屋理論で抜歯がすべて良くないという意見は無くなってきたとのこと。
ポールスプリントをきちんと使用することで不定愁訴の7割くらいが改善すること、
セファロ分析は下顎のシフト分が考慮されていないこと、6番の1級より3番の1級を目指すことなど。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 市町村障碍者認定審査委員研修会 | トップページ | 「非歯源性の口腔疾患を良くする!歯科と柔整・治療家の連携」ワンデーセミナー »

研修会・学会」カテゴリの記事

歯列矯正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一般臨床医矯正研究会理事会・総会:

« 市町村障碍者認定審査委員研修会 | トップページ | 「非歯源性の口腔疾患を良くする!歯科と柔整・治療家の連携」ワンデーセミナー »