« がん予防あれこれ | トップページ | 2月の活動 »

2013年2月28日 (木)

S歯科40周年記念講演会

S歯科40周年記念講演会
何人か紹介したことがある縁で案内を頂いたので、講演会は賑やか強い方がいいだろうと考え、出席致しました。
ただ、特別親しいとは言えないし知らない先生ばかりでは…と思い、懇親会は出ず講演のみ拝聴しました。
最初に医科歯科大学名誉教授黒田先生の講演。日本の矯正の黎明期から著名な先生と交流があったことなども踏まえて、一番なるほどと思ったのは、矯正は統計の平均値ではだめ、一人一人がエビデンスである…と言われたことであった。
S先生は愛知県で3番目に矯正専門で開業したとのこと。その頃実は後に私の家内となる中学生も受診していた…。
最近はスプリントを利用して顎位を求めて矯正することに重点が置かれているようだ。
以前スプリントのセミナーの案内を頂いたこともあったがたまたま都合が合わなかったが、是非また伺いたいところである。
CTを使用し、歯列不正では顎関節も形態異常が見られ、スプリントしてから矯正をすることにより顎関節の形態も正常に戻るまたはそのような方向に向かうことが示唆されていた。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« がん予防あれこれ | トップページ | 2月の活動 »

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S歯科40周年記念講演会:

« がん予防あれこれ | トップページ | 2月の活動 »