« 8月の活動まとめ | トップページ | 竹島、ラスク書簡、そして日韓通貨スワップ »

2012年8月30日 (木)

テラピストの寺子屋-幾億の問い、幾億の答え-

名古屋市科学館そばのカフェコスモス、2回目の訪問は
テラピストの寺子屋-幾億の問い、幾億の答え-
今回は鍼灸・気功・カイロなどを習得され
プロの間でも高い評価を得られている
あすなろ治療院の院長林恭弘先生の講演会へ行きました。
林先生は一日30人を施術 するハードな治療生活を続けているうちに、人体に流れ
る気を感じるようになったと言います。
筋肉反射やダウジングを自然にされているんだな…と勝手に思いました。
出来る人はそうなんですよね…。
資料より。
・やさしくしたい下心
・必要か必要でないかの判断
・セラピストとクライアントの責任 その境界線は?
・見極めて自立をサポートするには

二人三人、デモンストレーションもありました。
今後も「出来る」セラピストのお話はいろいろ伺いたいと感じました。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 8月の活動まとめ | トップページ | 竹島、ラスク書簡、そして日韓通貨スワップ »

心と体」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テラピストの寺子屋-幾億の問い、幾億の答え-:

« 8月の活動まとめ | トップページ | 竹島、ラスク書簡、そして日韓通貨スワップ »