« 明治探検隊VII スフィンクスコード CODE:V The Great Pioneer  参と弐 | トップページ | 明治探検隊VII スフィンクスコード CODE:V The Great Pioneer 四のカラクリ »

2012年6月30日 (土)

第24年度名古屋マイオドンティクス研究会

第24年度名古屋マイオドンティクス研究会
午後8時より、湯元館にて開催されました。
挨拶 IAMA 国際マイオドンティクス学会アジア会会長 渡邊剛先生。
報告 クーパーマン生誕100年IAMA設立40周年 第96回記念研究会報告 畑佐学先生
   Myodonticsの基礎と臨床 呼吸と姿勢について IAMA会長 渡邊剛先生
研究会
 義歯破損症例への対応 その拠り所はマイオドンティクス
 国際マイオドンティクス学会アジア会副会長 広岡理昭先生
マイオドンティクスは一万体の標本を調べた結果の咬合様式
アナトミックキャストの評価
症例の観察
咬合高径と筋紡錘
オクルーザルベースでの位置関係
フリーウェーゾーンの計測
イメージモデルの製作
レジン2スプリント
クープマシン上での後方面観の変化
オルソペディックゲイトの変化
不定愁訴の軽減
肩こり 左手の痺れ 右片頭痛 眩暈
考察
手の痺れについては質問させて頂きました。

ご講演ありがとうございました。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 明治探検隊VII スフィンクスコード CODE:V The Great Pioneer  参と弐 | トップページ | 明治探検隊VII スフィンクスコード CODE:V The Great Pioneer 四のカラクリ »

口腔と姿勢」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

顎関節症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第24年度名古屋マイオドンティクス研究会:

« 明治探検隊VII スフィンクスコード CODE:V The Great Pioneer  参と弐 | トップページ | 明治探検隊VII スフィンクスコード CODE:V The Great Pioneer 四のカラクリ »