« 16日明治探検隊VI スフィンクスコード コード:Ⅲ Master of Meiji その1 | トップページ | 明治探検隊VI スフィンクスコード コード:III Master of Meiji その2 »

2011年6月18日 (土)

T.S.G.6月度研修会

T.S.G.6月度研修会でした。
Y会場にて。

今日は西区I先生の、CRボンディング剤について。

何種類ものメーカーのものを逐一使用してのまとめは、とても参考になりました。

それぞれ特徴があるものの、臨床的にはその差は出にくいこと、
エアブローはきわめてコツというか感覚というか、科学的でない部分に左右されることがある…
メーカーの出す値はそれぞれ条件設定がばらばらなので、
比較の参考にならない…

結局のところクシーノJPが経済的で次回それにしようか、
あるいはセールで近ければ他のものにするか…

どうしてもそういう考えに行き着いてしまいますね。

良かったです。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 16日明治探検隊VI スフィンクスコード コード:Ⅲ Master of Meiji その1 | トップページ | 明治探検隊VI スフィンクスコード コード:III Master of Meiji その2 »

歯科」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

 先生も前の記事に来て下さったので(^^♪ え?先生は東京大学に本拠をおくコンピュータサークル TSG (理論科学グループ) にも参加されてましたか。矯正歯科で出来るだけ歯を削らない 精密審美歯科にてCRボンディング剤が使用されるのですよね?確かに多くのメーカーが競いあって整作しているのでしょうね?どの業界でも似ており、特に僕の建設業界は職人の腕が命と感じますが使用する工具や機材の性質でずいぶんと仕上がりも変わってくるものですもの。

投稿: 智太郎 | 2011年7月 2日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T.S.G.6月度研修会:

« 16日明治探検隊VI スフィンクスコード コード:Ⅲ Master of Meiji その1 | トップページ | 明治探検隊VI スフィンクスコード コード:III Master of Meiji その2 »