« 373回総合医療開発研究会 | トップページ | 幼児の虫歯治療が出来ない歯科医師2 »

2011年5月19日 (木)

伊東聖鎬 ゆらぎ回復マッサージセミナー5,6回目

私は2日目ですが
今回3日目になります。
午前は講義。何回か考え方を求められましたが、今日は当て外れなことを言っていた気がします…。

午後は実技。今日は実技は長めでした。
後半は2時間くらいぶっ通しで他の方のマッサージしていました。

される方がいいのですが、している方も癒される…のが多分本当なので、損と思わずたまたま交替が出来なかっただけですが
連続でしていました。

MET出来ているつもりだけどな…

最近の伊東先生への思いとしては、

聖鎬先生の予定には必ずしも直ぐにはついて行けませんが、
多分、
聖鎬先生のような方は他には居ない…

時間掛かっても身につけたいし、
離れることはないでしょう…

逆に離れてもいいくらいに実力が身につけばいいのですけどね。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 373回総合医療開発研究会 | トップページ | 幼児の虫歯治療が出来ない歯科医師2 »

口腔と姿勢」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

伊東の重力バランス療法は、西洋医療パルス療法なしで多発性硬化症も治せるそうだ。
実際、多発性硬化症患者の治療も行っている。
多発性硬化症でパルス無しでは、良くて痴呆は確実。最悪は死に至るでしょう。
その時伊東氏は間違いなく逮捕されます。

多発性硬化症は今や死の病ではないというのに、その患者のご家族は、身内が死んでも後悔しないのでしょうか?????????

投稿: 国○精神○経センター | 2011年8月18日 (木) 20時36分

 私も伝聞で批評したりすることはあると思いますが、あくまでも自分のところで書くだけです。
 出かけて来てまで何か述べるとすれば、こちらが実名である以上、実名で書いてほしいですね。

 伊東先生は重力バランス軸だけで多発性硬化症が治るなんて言ってませんよ。
 良く出かけている私の方が情報はいっぱい持ってますよ。
  
 多発性硬化症で確実に治る方法はないでしょう?
 
 例えば
 がんで、ある部位にはある抗がん剤と放射線で7割は治ります…と言われたとしても、3割は死ぬ…とした場合に、治療しない選択肢を本人家族が選んだとしてもいいと思うのです。

 医療者は非難するかもしれませんが、
 助かる確率が高いと思っても
 直ぐ死んでしまうこともあるし、
 一見分からず屋の人が
「わしゃいやだ」と言って
 やりたいことやって5年後に死んだとしたら、
後者の方がいいかもしれないのです。
 
 多数派から非難されても、
 考えた上で自分はこちらを選ぶ…
 でもいいと思います。
 
 私の身内が多発性硬化症だったら
 無条件に伊東先生のところへ行く、と言っているのではありませんよ。

 考えた末の行動ならその人の自由だということです。
 

投稿: はせがわ | 2011年8月20日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊東聖鎬 ゆらぎ回復マッサージセミナー5,6回目:

« 373回総合医療開発研究会 | トップページ | 幼児の虫歯治療が出来ない歯科医師2 »