« あま市保健対策推進協議会 | トップページ | 母子健康診査マニュアル研修会 »

2011年2月24日 (木)

伊東聖鎬 脳神経系エネルギー回復療法5ヶ月コースが終了

提出した文章です。

--------------------------

平成23年2月24日、脳神経系エネルギー回復療法5ヶ月コースが終了しました。
9,10回の本日の午前は今までのものが凝縮されていると思うので、主に本日の感想
を書きます。

自由診療については、「診療」と言うより、求める人に対して答えられる人となりその
ようなことをする活動であるが、上手い表現がないので、「診療」を考え過ぎると誤解
となる、といわれたのは確かにそうだと思いました。
人の話を聞くということは、ずっと言われていましたが、改めてその重要性が分かりま
した。

人は知らず知らず、同じ用語を使い、はき違えていることが良くあります。
あるいは適当に反応している…
伊東先生の話をずっと聞いているので、最近は、人の話す言葉について、よく質問をす
るようになりました。その表現の真意をよく知ろうとしているつもりです。

ただ、
その人の役に立とう、その人をよりよく知ろうと、インプットする姿勢は十分ではなか
ったと思いますので、今後はより明確にMETもして話を聞こうと思います。
今回、このあたりを聞いたときから、
伊東先生を始め、全員をMETしながら聞きました。
いつもしっかり聞いているつもりではいましたが、
何で今までしていなかったのだろう…今回はより多く頭に入りった感触があります。。
話を聞いているときも脳をキャッチする訓練をして、また自分もよりよく変わってくる
ことを期待しています。

また、ついつい、過去の積み重ねを「経験」として利用してしまう姿勢がありますが、
恒に目の前の人はそうではないと意識視して当たるようにします。
自分自身を文章に著して発信する、という大切さも言われました。
これについては、ブログかホームページに途中でも良いので何とか載せるつもりで書い
ていきます。

子供がスタートを切っていないのは、自分もそうだから…と何気なく簡単にに言われた
ことは、ぎくりとしました。

患者として聞くのではなく、求めている人として聞くと脳反射がもっと出てくる…
最近、また、反射が取れない…と感じることがあり、これは、姿勢を改めて望みたいと
思います。

実技については、
そのときの細かい手つきよりも、そうする基本というか理屈を覚えれば簡単と言われた
ので、また、DVDで復習します。
支持骨・筋肉・歯牙、支持骨・筋肉・関節関連療法の重要性も示され、今後より分かっ
てくることを期待しています。

長谷川千尋 23年2月24日

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« あま市保健対策推進協議会 | トップページ | 母子健康診査マニュアル研修会 »

心と体」カテゴリの記事

口腔と姿勢」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

顎関節症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊東聖鎬 脳神経系エネルギー回復療法5ヶ月コースが終了:

« あま市保健対策推進協議会 | トップページ | 母子健康診査マニュアル研修会 »