« エドガーケイシーの神の探求講座Ⅱ第一課 機会 | トップページ | 第二回学校保健委員会など »

2011年1月23日 (日)

第369回総合医療開発研究会特別講座

第369回総合医療開発研究会
特別講座
「高齢者歯科~臨床ナビゲーション~疾患別内科エマージェンシー対応

午後1時より、愛知県歯科医師会館にて開催されました。
講師は
東京医科歯科大学医歯学総合研究所准教授
口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野
大渡凡人 先生。
いつもの回のメンバーに加えて、ゲストの先生や衛生士さんら88名の参加がありました。
内容としては、
歯科治療中の高血圧の悪化した場合について、
感染性心内膜炎について、
虚血性心疾患発作の予防対策、
糖尿病
腎不全
抗凝固療法
局所麻酔薬の問題…
と、
多方面に渡りました。
失念していることも多く、改めて知識の整理をさせて頂いた感じです。

懇親会も参加して頂き、その場で質問もしました。
抗血栓療法をしている場合に、薬を止めずに抜歯など観血処置を今はすることになっている筈(循環器学会の指針に出ている)のに、照会すると薬を止めさせる旨の回答が来るのはなぜ?と聞いたら、情報が行き渡っていない、そうです。

人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック! ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« エドガーケイシーの神の探求講座Ⅱ第一課 機会 | トップページ | 第二回学校保健委員会など »

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第369回総合医療開発研究会特別講座:

« エドガーケイシーの神の探求講座Ⅱ第一課 機会 | トップページ | 第二回学校保健委員会など »