« 第三回国際臨床和合医療セミナー~その2 | トップページ | 変な名古屋弁 赤かぶ検事京都編 »

2010年2月 9日 (火)

第三回国際臨床和合医療セミナー~その3

  その後は、矢山利彦先生。アエイオウン…ンウオイエア

 チベットでチベット医学を修めた小川康先生、

 ランチの時間には少林寺拳法演舞

 和太鼓奏者壱太郎さんの太鼓に合わせての水墨画「松」中野素芳先生。

 なぜか、松原仁 衆議院議員 予算委員会筆頭理事が、どういうところか知らずに来て適当な内容で挨拶。
 
 神経伝達治療器レメシスの村田一吉先生、

 ありがとう…と言い続けている内尾政明先生。

 亀仙人…杉本錬堂先生は、顔や首を細くするデモンストレーション。

 孫樹建先生は、上海医薬大学の紹介。

 西本文郎先生は前半の氏家先生と同じく50分と長い時間を取ってあった。
 著名な脳力開発の方とは知りませんでした。
 セミナーが80万円とか、300万円とか…するらしい。
 でも、経営者など参加者が引きも切らないとのこと。
  
  成功は肯定的錯覚から来る…
  他喜力で脳は最大の力を発揮し続ける…自己完結型の場合は達成すると次が無くなってしまうが、他人が喜ぶようなことを続けると際限がない…。
 脳は問いかけには全て答える。
 問いかけには言葉で出力される。
 悪い問いかけを続けると悪人になる。
 
  話に笑いも多い。
  頑固な人は手を挙げて…手を挙げた人、頑固じゃないでしょう、素直に手を挙げたのだから…
 医者は「がん」という言葉を止めた方が良い。聞くだけで嫌な気分になってしまう。「がん」ではなくて「ぽん」にすれば、もっと楽に治療が出来る。「肝臓ぽん」とか、「乳ぽん」とか…
 
 知的障碍者は「精神純情者」身体障碍者は「精神強靱者」(住みにくい社会でたくましく生きていくから)

 赤ちゃんは立つための努力を諦めない。いつからか成長とともに、恐怖が回避行動になりトラウマになってしまう。
 消極的?それはない、過去の記憶でそう思ってしまっているだけで本当の力はそうではない。皆、赤ちゃんだったときがあるのだから。
 ジェームススキーも言っていた。本家はこちらか?

 確かに、行動して仮に直ぐうまくいかなくともどうってことない場合は行動すべきである。愛の告白とか。
 でも、
 躊躇する気持ちは全てマイナスかというと、そうではないはずだ。(このあたりは話されたことではない)人類の歴史のほとんどは原始時代であり自然の中で生きてきたはずだ。見たことない植物や動物を何でも手を出したら毒に当たったり攻撃されて身が危ないかも知れない。過去の記憶は必要だ。
 他人に遠慮がない人、ストーカー…躊躇がないからそんな行動をする人もある。技術が無いのにチャレンジもいけない。
 そういう部分ではなくて、「出来ないに決まっている」「傷つきたくない」「失敗したらどうしよう」だけで足踏みするのはおかしいことだ、ということを面白く教えてくれる先生である。
 取りあえず著作を読もう。

ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ↑クリックして頂けたらうれしいです。

|

« 第三回国際臨床和合医療セミナー~その2 | トップページ | 変な名古屋弁 赤かぶ検事京都編 »

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

 歯科医もインターナショナルですね?先生? こんばんはです・・(-_-;)・・今日も疲れました。「サラリーマンの諸君!今日も1日ご苦労さん」!と寅さんに言われたいですね。御殿場市のラブホテルのルーム・フロント係り員職は頑張ってますがヤル気も起きずに価値創造してましたが、ブログを始めてから?迷惑メールがひんぱんに携帯電話やPCに来てますが皆様にも来てると思い当メールを公開しちゃいます!・・・と言う主旨で記事にしました。タイトルは『悩んでないが迷惑メールの多さにはまいってる 1/?』です。毎度のユニーク:おもしろ画像写真では「出会いを求めるあなたに完全サポート・再婚を考えてる方の婚活バツイチはハンデにならない」・「素敵な出会いが待ってるよ~」写真画像を貼りました。・・どうぞ!遊びに寄って楽しく見てやって下さい。・・1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。

投稿: 智太郎 | 2010年2月12日 (金) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三回国際臨床和合医療セミナー~その3:

« 第三回国際臨床和合医療セミナー~その2 | トップページ | 変な名古屋弁 赤かぶ検事京都編 »