« カルテ整理 | トップページ | 待合室トイレ故障? »

2010年1月31日 (日)

CW療法(その人療法)分科会

 CW療法(その人療法)分科会が土日に渡って六本木の本部で開かれました。
 土曜日は「義歯の部」で私は診療後夜9時くらいに遅れて参加。
 すでにおおかた情報は出尽くしたとのことでした。
 その後一部の先生は伊東先生と韓国料理店で遅い食事。

 日曜は10時から、「矯正」。
 K先生がご自身の症例をいくらか持ってこられ、それをもとに伊東先生が情報を出して行かれました。
 舌の大きさが腕を触ったりして変わること、
 エネルギー回復療法でも舌の容積が変わること、
 舌は筋肉だが血管が豊富で血液の量によって大きさが直ぐ変わってくること、
 「舌癖」での歯列不正に見えるのはそうではなくて、
 「舌癖」は結果であること、
 でも、舌癖を治すことで歯列も治るように見えるのは支持骨が改善するから…らしい。
 実際、舌癖矯正具で治りにくい例については、重力バランスの乱れがあることなども示唆された。
 実際は多岐にわたるのだが、
 このくらいに。

 余談だが、
 泊まったホテル、間違えて喫煙室をネットで予約してしまったが、 満室で変更は叶わなかったが更なる消臭処理をしていただいて、その階に降りたときはタバコ臭があったが、部屋は割と無かった。
 配慮に感謝しています。
 

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

|

« カルテ整理 | トップページ | 待合室トイレ故障? »

口腔と姿勢」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

六本木の本部ででしたか?大変でしたね?自分が幼い頃、都内:表参道まで通院していた「よごさわ ふみお」先生は来てましたかね? こんばんは・・父が他界したのは以前、記事にしておりますが、自分が川崎市の中小ゼネコンへ単身赴任派遣:現場監督してたのですが、派遣切りに遭い!帰宅し戻ると、ちょうど亡くなった父の49日で納骨式の日です。まるで父に呼ばれた感じです。我が家の墓地写真も貼りました。父の書斎から見つけた過去:自分の交通事故からの入院記録から父が書いてくれた大学への休学手続きに関する手紙の数々・・上手い文章で自分は父にここまで思われ大切にされてきていたのだ!と泣きました・尚、毎度のおもしろ画像写真では自分に金があったなら面白くユニークなマイルドセブン墓を建てただろうな?・・1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。


投稿: | 2010年2月 3日 (水) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CW療法(その人療法)分科会:

« カルテ整理 | トップページ | 待合室トイレ故障? »