« 第352回総合医療開発研究会 | トップページ | 平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成講習会2日目 »

2009年10月 3日 (土)

平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成セミナー1日目

平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成セミナー1日目。

表記講習会が午後1時半より、愛知県歯科医師会館で開催されました。
これは、安倍内閣の時に、健康フロンティア戦略というものが立てられ、
12の分野が示されたそうです。
子供の健康力
メタボリックシンドローム克服力
ガン克服力
食の選択力
女性の健康力
介護予防力
歯の健康力
スポーツ力
そして、人間活動領域拡張力
研究開発力
家庭力・地域力…
何か、分かったような分からないようなものもありますし、何でも「力」を点ければいいものでもないという気もしますが、とにかく2006年から16年までの計画であるようです。
政権交代で変わることもあるかも知れませんが。
歯の健康力は全ての分野ですが、特に今回は高齢期・寝たきり者の口腔ケアに焦点を当てた内容だそうです。なので、介護施設の見学が必修になっています。
全国7箇所で開催されています。
東海信越地区は愛知県で開催とのことでした。
メインは
植村研一 浜松医科大学名誉教授の「医療安全のための望ましいコミュニケーション(患者の心に優しいコミュニケーション)」
講演と、演習。
演習は、例えば「ガンを告知されて死が間近であることを自覚している患者が突然『私きっと治りますよね』と言ってきたらあなたは何と答えますか?」など。
治ると思いますよ、
人の命は分かりません
頑張りましょう…では駄目で、
「治ると本当に良いですね」
が良いらしい。嘘をつかない、傷つけない、心を支える…ような解答が必要とのこと。だが、なかなか直ぐは出てきにくい。
ただ、患者さんがわけの分からないことを言ったとしても、
オウム返しのよように、繰り返すと良い、
共感を示す…ということについては、
いろいろ不定愁訴の患者さんを見てきて、自分なりに身につけてきているかな?と言う気はしました。
その後は班毎にワークショップの練習。
決められた時間で(1分)で自己紹介。
そしてそれを聞き終わってから他の方の紹介を15秒で行う、など。班で練習した後、全員で行い、50人ほどで行いました。
50人の誰かを指されるわけで特徴をメモらなければなりません。
こんなに自己紹介を聞き入ったのは初めて…でしょう。
 今回は愛知・岐阜・三重・静岡・長野の5県から50名弱の歯科医師、歯科衛生士が来られています。
 よく存じ上げている先生や、大学のクラブの先輩も岐阜から来られていてしかも同じ班で奇遇にもびっくりしました。

ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ↑クリックして頂けたらうれしいです。

|

« 第352回総合医療開発研究会 | トップページ | 平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成講習会2日目 »

学問・資格」カテゴリの記事

歯科」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成セミナー1日目:

« 第352回総合医療開発研究会 | トップページ | 平成21年度歯の健康力推進歯科医師等養成講習会2日目 »