« 海部歯科技工士会との懇談会 | トップページ | 顎関節症の治療 »

2009年10月25日 (日)

10月度 伊東聖鎬先生その人療法 関東基礎セミナー

伊東聖鎬先生その人療法 関東基礎セミナー(重力バランス軸調整療法、神経エネルギー療法)が、日本橋社会教育会館で開催されました。

今回は、初めての参加が4名、復帰が一名でした。

総勢25名くらい。

いつも言われることだが、「その人が何を求めているのか?」を考えて相対することを強調されていた。

基礎セミナーが1日コース十回になってから、筋肉反射検査が省かれ、重力バランス軸からはいることにより反射検査が出来ないジレンマは無くなったのだが、やはり検査はどうしても必要なため、脳反射検査の前の段階である、筋力検査、筋肉反射検査のために、身体の主な筋肉の検査の仕方の実習が行われた。

今回は手始めに、大腰筋、広背筋、菱形筋、三角筋、拇指小指対立筋と関連臓器、治療ポイントととして、ニューロリンパ、ニューロバスキュラー、ストレスレセプターについて。
 
フィクセーションについて。

キネシオロジー・チャートが出席者に配布された。

以前、私はそれを購入したのですけどね。




ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ ↑クリックして頂けたらうれしいです。

|

« 海部歯科技工士会との懇談会 | トップページ | 顎関節症の治療 »

口腔と姿勢」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

  先生は単身赴任は無いですよね?『単身赴任か・この時勢では仕方ない・・名こそ惜しめや男なら』:【サラリーマン編】・・・自分も障害と闘いながらも、2級障害者:母の心配もあり、現場監督派遣会社では静岡県東部地方限定登録してましたが現場(仕事)が無く、静岡県中部地方の島田市の現場へ単身赴任する事になりました。日本が危ないこの:ご時世に幕末で活躍した高杉晋作の俳句で「花が一夜に 散るごとく 俺も散りたや 疾風に どうせ一度は 捨てる身の 名こそ惜しめや 男なら 男涙は 見せないが 意気と意気とが 触れて泣く あげる盃 交わす目に 通うたがいの 血が赤い」に血が燃えたぎり発心し単身赴任を決意したのでした。・・・多くのデジカメ現場写真画像を用いて記事にしました。・・実際写真を豊富に貼り面白く紹介させていただきました。・・どうぞ!遊びに寄って楽しんで見てやって下さい。

投稿: 智太郎 | 2009年10月28日 (水) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月度 伊東聖鎬先生その人療法 関東基礎セミナー:

« 海部歯科技工士会との懇談会 | トップページ | 顎関節症の治療 »