« 西原研究所年次報告会 | トップページ | 過労死… »

2008年12月17日 (水)

「あま」郡の意味とは?「まぼろしの邪馬台国」から

 総合医療開発研究会代表渡辺剛先生から渡された、宮﨑康平著「まぼろしの邪馬台国」を一応読みました。一応…と書いたのは、斜め読みの部分があるため。
 A先生、K先生も、別の読み物を依頼されていましたが…
 正直、
 私のものが難しいと感じています。
 11月に発表予定でしたが、読めない!と延期して貰って、この日の報告になりました。
 映画は見ていません。
 宮﨑康平氏は、28年前にすでになくっています。
 本は2冊。
 謎解きは主に2巻目です。古代語を読み解き、魏志倭人伝を都合良く読み替えることなく、邪馬台国の周辺の国々から場所を特定していくと…何と、邪馬台国は島原だった(宮崎氏の故郷)…という意外な展開になっていました。
 歴史は好きな方ですが、
 なかなか…
 古事記日本書紀の内容までは分からないので、飛ばしたい文章がいっぱいでした(^^ゞ
 あま…という言葉、天照大御神など、「あま」は天の字が当てられて漢字からの誤解が多いが、「あ」は広いの意味で「ま」は「ば」から転じ耕地などの意味ということでだそうです。
 そう考えると
 海部(あま)郡のは広々とした耕地を意味する…このあたりの「あま」も同じではないか?と思いました。
 
 今日は研究発表はM先生の、ムーシールドとT4K、清須のT先生の味覚障害の漢方についてでした。

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ 人気ブログランキングへ

|

« 西原研究所年次報告会 | トップページ | 過労死… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あま」郡の意味とは?「まぼろしの邪馬台国」から:

« 西原研究所年次報告会 | トップページ | 過労死… »