« 日本デンタルショー2008 | トップページ | 学会3目。 »

2008年11月15日 (土)

日本歯科医学会シンポジウム

2日目の午後、「一般開業医・患者の視点に立った日本顎関節学会初期治療のガイドライン」のシンポジウムに行きました。

 顎関節症の治療をしようとすると、虫歯や歯周病のような、体系立てた点数がなくて、困る部分があります。ガイドラインが出来れば保険点数も抜本手見直しが出来るかも知れません。
 しかし、歯周病のガイドラインを考えると、ガイドラインがあっても、実際問題それに当てはめにくい例もあり…使いにくい部分もあります。
 保険請求で、保険者はガイドラインを見て、その通りに進んでいない場合、請求がおかしいと言うことでレセプトを返されてしまうことがあるのですが、理想的な進め方…通りには、人が相手なので進められないのです。

 顎関節症の治療もやりにくいガイドラインになってしまうと困るナーと思っていましたが、小児喘息の患者会の代表の方が、喘息治療のガイドライン制作で患者側として参加した実績で、顎関節症のガイドラインにも参画して助言を貰うようです。
 これは画期的な判断ではある思います。

 ただ…初期治療で治るあるいは改善する顎関節症より、精神的問題を抱えていたり、随伴症状の多い顎関節症の方が、本当はガイドラインを作ってほしい…という部分はあります…

 出来ないでしょうね…

 でも、初期治療のガイドラインが出来れば、保険で出来るマウスピースで治るようなものまで高額な自費のマウスピースを勧めるような営利的治療は排除できるかも知れません。

 

にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ 人気ブログランキングへ

|

« 日本デンタルショー2008 | トップページ | 学会3目。 »

研修会・学会」カテゴリの記事

コメント

 お疲れ様でーす(●^o^●)。今回も、笑える画像を貼りまくりました!11/28 いつも御世話になっております。【睡魔と闘うサラリーマン研修(現場監督)】研修編!毎度、ブログ更新してますが、少しでもよかったら   ペコリ・・ また 遊びに来て下さいね・・・恐縮ですが、よかったら、コメント及び、左下の 【脳・神経・脊髄】【理系大学】【病気ブログ】【サラリーマンブログ】をプチプチッと、押して頂けたら、感謝します。では・・また・・


投稿: 智太郎 | 2008年11月29日 (土) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本歯科医学会シンポジウム:

» 京都電車 [京都電車特集]
ウワサの京都電車探しの決定版! [続きを読む]

受信: 2008年11月28日 (金) 20時45分

« 日本デンタルショー2008 | トップページ | 学会3目。 »